スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペネロペ・クルスさん

ペネロペ・クルスさん。
ペネロペ・クルス(Penélope Cruz, 本名 Penélope Cruz Sánchez, 1974年4月28日-)はスペインの女優さん。マドリード出身で、 商人の父と美容師の母という家庭に生まれる。
14歳のときにモデルとしてデビューした後に、TVにも出演するようになった。

高校を中退して、仕事をしながらも国立芸術院で
なんと9年間もクラシック・バレエやスペイン舞踊を学んだという。
NYでも4年間ダンス学校に通っていたとか。

映画デビューは1992年の『ハモンハモン』。
この作品で妊娠した身で他の男に走る娼婦の娘を熱演して、
スペインの映画賞であるゴヤ賞の主演賞候補になった。

以降『ベルエポック』、『オープン・ユア・アイズ』と
スペインを代表する監督の作品に出演。
『ライブ・フレッシュ』に続き出演したアルモドバル作品
『オール・アバウト・マイ・マザー』をきっかけに、
一躍ハリウッドでも注目の若手女優となる。

以降はイギリスやアメリカの映画にも出演するようになり、
マット・デイモンやニコラス・ケイジ、ジョニー・デップらと共演。
近年スペインで最も人気のある新進気鋭の女優と成長した。

私生活ではマザー・テレサの修道会で
ボランティア活動に参加したりと慈善活動にも精力的に参加している。

2001年、『バニラ・スカイ』での共演をきっかけに
トム・クルーズとの交際がスタートしたが、
2004年に破局を迎えた。

その後には『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』で共演したマシュー・マコノヒーと交際していたが、破局を迎えたらしい。

そんなペネロペ・クルスさんだが、スペインで主演女優賞を獲得したとのこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000681-reu-ent

この映画、ボルベール〈帰郷〉は
ペドロ・アルモドバル監督によるタンゴの名曲「Volver」を
題材にした血の繋がった三世代の女性による人間ドラマである。
舞台となるラ・マンチャはアルモドバル監督の故郷。

2007年6月、TOHOシネマズ六本木ほか全国にて公開。
ぜひ見に行きたいものだ。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。